FC2ブログ

わんブログ

夢海 多夢 ドンキー 空 来夢 5わんの気ままなくらし

Entries

『抗がん剤治療』ラムの場合

癌の種類によって
使ったお薬によって違うのでしょうが

ラムの場合
3週間ごとに4回行ないました

10時に病院へ行き
診察と血液検査を行ない、問題がなければ
そのまま鎮静剤でうつろ~な状態にして
足の血管から点滴で薬を入れていきました

鎮静剤を使うのは
動いてしまい、抗がん剤が漏れたりしたら大変な事になるそうで、最悪断脚という場合もあるからだそうです。

15時半あたりにお迎えにいくと
鎮静からお薬を使って覚めたラムちんが
私たちの所へ戻ってきます

抗がん剤の副作用を考え
細菌をやっつける抗生剤と
吐き気止めのお薬を頂いて帰ります

ラムの場合
おもらしをしてしまうので
そこから2日ほどオムツも必須でした

副作用は
まず‼️
治療当日から数日に消化器が現れるそうで
嘔吐や食欲不振、さらには下痢が起こるようです

ラムの場合
1回目はほとんど表れず安心しておりましたが
2回目は数日の食欲不振と下痢を起こしました
(抗がん剤の量を増やしていたそうです)
それ以降は、だるそうにはしていましたが
数回の下痢程度ですみました
ε-(´∀`;)ホッ

次に‼️
だいたい4日後あたりから、骨髄抑制が起きて
体を細菌などから守ってくれる好中球と呼ばれる
白血球数が減少してしまうそうで
血液が細菌に侵されてしまったら『敗血症』となり、命を落とすことにもなりかねないらしいんです😱

この骨髄のダメージのピークは7~10日めあたりにくるらしいので
抗がん剤治療から1週間後には
血液検査をして副作用の様子を知ることが大切らしいんです

ラムの場合
血液検査の結果は数値が下がっていても許容範囲内だったようで
3週間後には回復してきており、順調に治療が進められました

1回目だけ、翌週と翌々週に血液検査に行きましたが、2回目からは様子が分かり、翌週のみで良い感じに進める事が出来ました

『感じ』というのは・・・

抗がん剤治療のせいとは断言できませんが
ラムの場合
酷いてんかん発作が起きてしまい
病院のお世話になっておりました😢
※この件はまた別に投稿予定です

ちなみに4回目の後に発作を起こし
自力では歩けない状態でしたが、血液検査はした方が良いということで・・・


車からはストレッチャーで移動させてもらいました。

あと気をつけなくてはいけなかったのが
『微量暴露』です

抗がん剤は自然界で分解されない化合物です
大部分は、そのままか更に有毒な活性代謝物となり排出されるそうで・・・

ラムの排泄物を処理する時は、使い捨てビニール手袋をつけていました

唾液、呼気、落ちた体毛などにも含まれており

我が家は多頭飼いしているので
クウやタムにも出来るだけ配慮しなくてはなりませんでした

この微量暴露の怖い所は
数十年後に異変が出てくる所です😱

約70キロのラムちん
単純に抗がん剤治療にかかった費用は・・・
血液検査や薬もふくめ

約280,000円( ̄▽ ̄*) ・・・

でもーーーーーーーーーฅ▽・ᴥ・▽ฅ

2月に
『断脚手術をしなかったら3~4ヶ月の命』
と言われたラムちん


生きています✨✨✨✨✨







スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

トラックバック

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

左サイドメニュー

プロフィール

giantdogsanddogs

Author:giantdogsanddogs
FC2ブログへようこそ!

最新記事

ブロとも申請フォーム

検索フォーム

QRコード

QR

右サイドメニュー

むうみ

たむ

どんきー

くう

らむ